“写真付きの身分証”が必要です

身分証、そもそもなんで必要?

「身分証とか提出して悪用とかされないの?」「身バレが怖いな…」とお思いの方も多いかと思います。
ですが、身分証の提出しないことは後々とても厄介なことを引き起こしてしまう可能性があります。
風俗店には女の子の身分証を保管しておく義務があります!!
お店があなたの身分証を求めるのには以下の理由があります。
●18歳以上であることを確かめる為
●国籍を確かめる為
●法律で従業員名簿を保管しておかなければいけない為(3年間保管)
あなたがもし18歳未満の女の子で、風俗店で働いているのであれば、そのお店は違法店舗となってしまい営業停止です!
上記の理由から風俗店は、身分証の提示をみなさんに求めるのです。

身分証明書の定義


身分証明書とは、「氏名・住所・生年月日・性別・顔写真」が記載されたもののことを指します。これは個人を個人だと特定する為に用いられるものです。 このことが記載されていれば「身分証明書」もしくは「本人確認書類」といった表現がなされます。

面接には何を持っていけばいい?


例え体験入店であっても入店をするのであれば当然「身分証明書」の提出を求められます。
前述したようにお店は働いた女の子のデータを3年間保管しておく“義務”があります。
次は、入店の際に持っていかなければならない『写真付きの身分証』についてお話しします。

大事なのは“写真付き”


入店をするなら、本人と認められる身分証が必要となってくるので「写真付き」の身分証が求められます。
写真付きの身分証には以下のものがあります。
写真付き身分証明書一覧
●運転免許証
●パスポート
●住民基本台帳ネットワークカード(住基カード)
●マイナンバーカード
以上が写真付きの身分証明です。風俗店ではその顔写真付き身分証明証と「本籍地入りの住民票」の提出が求められます。(パスポート提示の場合はパスポートのみでOK!)これが面接時に必要な公的な『身分証明』となります。
上記にある「住民基本台帳ネットワークカード(住基カード)」は、現在廃止されていますが、廃止前のカードでも住所が同じであれば提示できるので心配ありません。
また、マイナンバーカードも『個人番号の提示』は必要ありません!!あくまで、表面の顔写真がある方のコピーが必要なだけなので誤解しないようにしてくださいね。

これはOK?代替できる身分証は?

基本的に上記で述べた身分証のみが『本人確認』として用いられます。
上記のもの以外は、本人であることを確認できないので身分証として受け取ってもらえません!
次に、(念のため)代替できそうでできないNG身分証をご紹介します!!

実はNG!な身分証一覧

◆健康保険証
最も間違いやすいのが保険証の提示です。身分証提示としてポピュラーなため混同しやすいのですが、これには顔写真が載っていないため、風俗店面接の本人確認書類としては適切ではありません。
◆クレジットカードやキャッシュカード
確かにカード会社、銀行から、本人確認をとられていますが、公式な身分証ではないため適応されません。
◆学生証
ひと昔前までは「学生証」でも本人確認をとれていましたが、この「学生証」はその学校に在学している(していた)ということの証明であるため、明確な識別ができないのでNGです。
◆卒業証書と卒業アルバム
もはや身分証でもありません。「高校を卒業したんだからいいでしょ!」と言いたくなるのも分かりますが、これでは公式な証明にはならないため不適切です。
その他にも期限切れの身分証や、公共機関の郵便物などもNGなので面接前にはしっかりと確認して用意しておくようにしましょう!

風俗店面接で必要な身分証まとめ

風俗店に入店する際、必要な本人確認書類は以下のものがあります。
この中で一つでも持っていれば身分証明になります。

●運転免許証
●パスポート
●住民基本台帳ネットワークカード(通称:住基カード)
●マイナンバーカード(※表面のみ。個人番号は見せません!)

今回は、風俗店面接で“必須”の“写真付き身分証”についてお話ししました。
身分証の提示は法律で義務付けられていることです。
法令順守の運営にご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 未経験で心配な貴女へ